【PR】提供:あいおいニッセイ同和損保

岡田准一さんと西畑大吾さんがCM初共演!
あいおいニッセイ同和損保 の“テレマ” の魅力とは?

岡田准一さんと西畑大吾さんがCM初共演!あいおいニッセイ同和損保 の“テレマ” の魅力とは?

イメージキャラクターを務める岡田准一さんと西畑大吾さん(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)を起用した新TV-CM が10 月 25 日(月)から全国で放映!

新 TV-CM のストーリーと見どころ

先進的なテレマティクス技術で安全運転を支援するとともに、万が一のときは高度な事故対応サービスでサポートする
「タフ・つながるクルマの保険」「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型) 」「タフ・見守る クルマの保険プラスS」の魅力や特長を、
プレゼンターである岡田准一さんが伝え、西畑大吾さんが一般のドライバー目線でその語りに耳を傾けます。
“テレマ”がどのようなメリットをもたらす技術かを真摯な表情で解説する岡田さんと、
説得力抜群のプレゼンを絶妙なリアクションで受け止める西畑さんの、リズミカルなかけ合いにご期待ください。

初共演の2人の撮影エピソード

演技力抜群の“岡田流ジョーク”に焦りながらも、一気に緊張がほぐれた西畑さん

大先輩である岡田さんとの初共演を前に、緊張が隠せない西畑さん。
撮影前の打ち合わせで監督から「おふたりは共演したことありますか?」と尋ねられ、「初めてです!」と返事をしますが、
隣にいた岡田さんが「あります。忘れてるんじゃないかなぁ...」と答えたことにビックリ。
一瞬、目を丸くした西畑さんですが、笑顔の岡田さんを見てひと安心。
岡田さん流のジョークで西畑さんの緊張もほぐれ、リラックスした雰囲気で撮影が始まりました。

撮影の中で西畑さんに優しくアドバイスを贈る岡田さん

“テレマ”の魅力を語る岡田さんのプレゼンに西畑さんが「おお〜!」とリアクションするシーンでは、
俳優としても先輩である岡田さんが熱心に指導する姿が見られました。
全力で「おお~!」と演技する西畑さんに対し、岡田さんは「もっと可愛くできるだろ」とアドバイス。
「いい感じだ!でも、まだできるだろ?」「まだ出せます!『おお〜!』」
「大丈夫、可愛かったよ(笑)」「ありがとうございます!」と、
仲のいいやりとりは休憩中も続き、スタジオの空気をホッコリと和ませていました。
岡田さん流のジョークで西畑さんの緊張もほぐれ、リラックスした雰囲気で撮影が始まりました。

俳優・岡田さんの“本気”に、西畑さんもドキリ

プレゼンのシーンでややシリアスな表情で演じる岡田さんに、監督から「もう少し優しい表情も」とリクエストが。
アクション系の役を演じることも多い岡田さんは
「すぐ警戒してる顔になっちゃうな...。“そういう役”が多かったからなぁ」と考えながら演技を調整。
しかし、西畑さんの肩をポンと叩くシーンでは「もう少し強く叩いて」とリクエストが入り、
「どれくらい強いのがいい?脱臼しないくらい?」と笑いながら確認すると、
それを隣で聞いていた西畑さんは「え!そんなに!?」と本気で驚いて、スタジオに笑いが起こる場面もありました。

あいおいニッセイ同和損保の商品について

先進的なテレマティクス技術を活用し、安全・安心を提供する自動車保険

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術でお車から取得した走行データに基づき、
毎月の安全運転の度合いを保険料に反映することで、安全運転を促進し事故を未然に防ぐ
国内初の自動車保険 「タフ・つながるクルマの保険」を2018年4月に発売。
さらに本商品は、2021年1月に自動運転車の安全性を保険料に反映する国内初の自動運転対応テレマティクス自動車保険へと進化しました。

2020年1月には、専用のドライブレコーダー型テレマティクス端末で取得した走行データに基づき、
安全運転の度合いを保険料に反映する「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)」の販売を開始。
ドライブレコーダーを活用した迅速な事故対応でお客さまに安心を提供することはもちろん、
事故を起こさないお客さまにも安全という付加価値を提供しています。
また、2021年1月より、あいおいニッセイ同和損保オリジナルの通信車載器と専用のスマートフォンアプリを活用し、
月額100円の特約保険料でもっと手軽に、もっと簡単にはじめられる
「タフ・見守るクルマの保険プラスS」を商品ラインアップに追加しました。

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス自動車保険のパイオニアとして、
安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献していくことを目指します。

ページトップへ