【「ミンナノウタ」呪いのカセットテープをプレゼント】主演GENERATIONS!映画『ミンナのウタ』8月11日(金)全国公開!

【「ミンナノウタ」呪いのカセットテープをプレゼント】主演GENERATIONS!映画『ミンナのウタ』8月11日(金)全国公開!

大ヒットホラー映画『呪怨』シリーズを手掛け、ハリウッドで自らリメイクした『THE JUON/呪怨』が、日本人監督として初めて全米興行収入1位を獲得!近年では『犬鳴村』など話題の「村シリーズ」を手がけた、Jホラーの巨匠・清水崇監督の最新作『ミンナのウタ』が、8月11日(金)全国公開。

主演にはGENERATIONSを迎え、全員が本人役で出演!

 

この物語は、あるカセットテープから流れる「とあるメロディー」を聞いたことから始まります。少女の鼻歌のような妙なメロディーに次第に取り憑かれ、口ずさんだ途端、次々と怪異が襲い掛かる・・・!このカセットテープが届いたが最後、呪いのメロディーがつなぐ恐怖の連鎖をあなたも体験するかも?!

 

映画公開を記念して、マイナビティーンズでは、
呪いのメロディーを奏でる少女“さな”から届いた『ミンナノウタ』呪いのカセットテープを抽選で5名様にプレゼント!

【応募方法】

①マイナビティーンズ公式Twitterをフォロー

@mynavi_teens

②対象のツイートをRT

③下記のボタンから申し込んで完了!

応募締め切りは【8月21日(月)23:59】まで!

STORY

人気ラジオ番組のパーソナリティを務める、GENERATIONSの小森隼。収録前にラジオ局の倉庫で30年前に届いたまま放置されていた「ミンナノウタ」と書かれた一本のカセットテープを発見する。その後、収録中に不穏なノイズと共に 「カセットテープ、届き…ま…した…?」 という声を耳にした彼は、数日後にライブを控える中、突然姿を消してしまう。
マネージャーの凛は、事態を早急且つ秘密裏に解決するため、元刑事の探偵・権田に捜査を依頼。メンバー全員に聞き取り調査を進めるが、失踪した小森がラジオ収録の際に聞いた「女性の鼻歌のような、妙なメロディーが頭から離れない」と言っていたことが判る。
そして、リハーサル中に他のメンバーたちも “少女の霊”を見たと証言。ライブ本番までのタイムリミットが迫る中、リーダーの白濱亜嵐、凛、権田は捜索に乗り出す。やがて、少女の霊の正体は、“さな”という女子中学生だということが判明するが、彼女が奏でる“呪いのメロディー”による恐怖の連鎖が始まり・・・。

一体、彼らに何が起こっているのか? この先に待ち受ける、想像を絶する結末とはーーー!?

 

出演:GENERATIONS 早見あかり マキタスポーツ
主題歌:「ミンナノウタ」GENERATIONS(rhythm zone / LDH JAPAN)
監督:清水崇 / 脚本:角田ルミ 清水崇 / 音楽:小林うてな 南方裕里衣
製作:「ミンナのウタ」製作委員会 / 製作幹事:松竹 テレビ東京 / 企画・配給:松竹 / 制作プロダクション:ブースタープロジェクト ”PEEK A BOO films”
©2023「ミンナのウタ」製作委員会 *PG12指定

 

映画『ミンナのウタ』は8月11日(金)全国公開

Related

プレゼント記事

SNS

公式 SNS

Topics

新着記事
ページトップへ