【JKメンバーが5・7・5で魅力を紹介!】「too cool for school」日本本格上陸記念イベント『too cool for school VIP Brand Day』にマイナビティーンズメンバーが潜入レポート!

【JKメンバーが5・7・5で魅力を紹介!】「too cool for school」日本本格上陸記念イベント『too cool for school VIP Brand Day』にマイナビティーンズメンバーが潜入レポート!

こんにちは!
JKメンバーのひよです!

 

今回は、「too cool for school」のブランド体験イベントに潜入取材してきました!トレンドメイクパフォーマンスやフォトブースなど盛りだくさんのイベントをレポートします!

 

今回チャレンジしたのは、高校2年生のひよさんです!

『チャレンジミッション』

「too cool for school」の魅力を5・7・5で紹介せよ!

 

ワクワクのブース体験!

今回のイベントでは、いくつかのブースが設置されていて体験することができます!

 

■メイクアップの体験ブース

実際にtoo cool for schoolのコスメを試せるのはもちろん、自分に合うメイクを教えてもらいながら体験することができました!

気になっていたフロッタージュペンシルでメイクをしてもらいました!ふわっと軽いテクスチャーで伸ばしやすく、まぶたにさっと塗って指でぼかすと簡単にかわいいアイメイクができちゃいます♪涙袋にもおすすめということで、白っぽいカラーを使うことで涙袋爆誕です!

 

■韓国プリ撮影ブース

この中にはプリクラのブースもあり、実際に撮ってみました!

陰影がしっかりしていて、エモい仕上がりになっていました!しかし撮るタイミングが早く、ポーズがあまり考えられなかったのでもうちょっと準備すればよかったと後悔してます…(笑)。

 

■オシャレな軽食ブース

フルーツやスイーツなどの軽食が置いてあり、私の大好きないちごを見つけたのでフルーツの盛り合わせをいただきました♪too cool for schoolのロゴが書かれていたマカロンもいただいたのですが、濃厚なチョコレートが口いっぱいに広がり美味しかったです!

 

いよいよイベントスタート〜!!

メイクアップアーティストの福岡玲衣さんによるトレンドメイクパフォーマンスを実際に見ることができました!スモーキーメイクをテーマに「too cool for school」のコスメを使ってモデルさんにメイクをしていきます。

 

too cool for schoolといえば、やはりシェーディングのイメージがありますよね?実は他にも様々なコスメを出していて…今回のメイクパフォーマンス内で私が注目したのは、クッションファンデーションです!

こちらのファンデーションは、韓国人気メイクアップアーティスト兼Youtuberとの共同開発「フィクシングヌードクッション」。カバー力があるにもかかわらず薄づきでとても自然に見せてくれます…!さらに驚きなのが最大52時間つけてもなめらかな肌が続くそうです♪乾燥肌,脂性肌, 敏感肌とすべての肌タイプの方が使えるのも嬉しいポイントです◎

 

メイクパフォーマンスでのメイクのポイントをいくつかご紹介します!

■フィクシングヌードクッション

鼻周りや目元などのファンデを乗せにくいところにはパフを半分にして塗ることでコンシーラーいらずのきれいな肌になります◎

 

■アートクラスバイロダンシェーディングマスター

眉下に入れてあげると目もとの立体感がup!最近のトレンドは明るめの眉ということもあり、髪色より明るい色を使うと垢抜け眉を作ることができます!

 

■フロッタージュペンシル

とても滑らかに描くことができるので、筆ではなく手でぼかすとより発色します!ピンク系が苦手な方でも若干くすみがかっているので使いやすくなっています◎

 

今回のブランド体験イベントで感じた「too cool for school」の魅力を5・7・5で伝えるならば…!

 

このコスメ! 買って損なし! モテすぎ注意!   です◎

 

ということで、ミッション無事クリア☆

 

今回、取材を通して

「too cool for school」の日本本格上陸イベントに取材することができてとても楽しかったです!実際に間近でメイクアップショーからメイクの技術をみることができたので自分も今後のメイクに取り入れられるような誰でも出来るひと工夫もあったので活用していこうと思います!!また、この記事をきっかけにもっと「too cool for school」のコスメを知ってもらい、実際に良さを体験してもらいたいなと思いました!

 

取材・文/ひよ(JKメンバー)
編集/マイナビティーンズ編集部

Related

関連記事

SNS

公式 SNS

Topics

新着記事
ページトップへ