【ティーンズメンバーに聞いてみた!】絶賛公開中!賀来賢人・浜辺美波W主演!映画『金の国 水の国』実際観てみてどうだった??

【ティーンズメンバーに聞いてみた!】絶賛公開中!賀来賢人・浜辺美波W主演!映画『金の国 水の国』実際観てみてどうだった??

1位に輝いた作品は飛ぶように売れるという各界から大注目のランキング「このマンガがすごい!」で、2017年(「金の国 水の国」)、2018年(「マロニエ王国の七人の騎士」)と連続して1位(オンナ編)を獲得し、別作品で史上初めて二連覇(※異なる作品で)を達成した唯一の作家・岩本ナオ。マンガ好きの域を超え、各界から絶賛され映像化希望が殺到した「金の国 水の国」が待望の映画化!映画『金の国 水の国』は、現在絶賛公開中!

【STORY】

敵国同士の2人が偽りの夫婦に!?2人だけの“小さな嘘”は、国の未来を変えるのか――。100年断絶している2つの国。“金の国”の誰からも相手にされないおっとり王女サーラと “水の国”の家族思いの貧しい建築士ナランバヤル。敵国同士の身でありながら、 国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じることに。深刻な水不足によるサーラの未来を案じたナランバヤルは、戦争寸前の2つの国に国交を開かせようと決意する。お互いの想いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人の<やさしい嘘>は、国の未来を変えるのか――。

映画を観た観客からは、SNSを中心に「映像のキレイさや演出の素晴らしさに涙がポロポロ止まらず」「優しすぎて…あまりにも優しすぎて…泣く」「“すれ違い両想い”に尊みが爆発して涙腺が崩壊する傑作」「毎日仕事している中で、冷めきった心がこの映画を観て暖かくなる」「浜辺美波さんの吹き替えのうまさにビックリ!」「賀来賢人さんのお声がナランバヤルさんでしかなくてこんなにピッタリなことある?」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン以来の幸福感」など、多岐に渡り絶賛の声が続々!公開から数日ですでに複数回鑑賞したという感想も多く、『金の国 水の国』への“再入国”を果たすリピーターが急増しており、早くも日本中が“最高純度のやさしさ”に包まれ始めています!そんな話題の本作を、今回マイナビティーンズ学生メンバーにも観て感想を語ってもらいました!

 

※一部映画本編のネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

 

▼参加メンバー

・名前/年齢:りおん(高校1年生)
・普段、漫画やアニメはどれくらい読む/観るか?:週2
・好きな漫画、好きなアニメは?:「SPY×FAMILY」「はたらく細胞!!」

・名前/年齢:ゆま(高校1年生)
・普段、漫画やアニメはどれくらい読む/観るか?:たまに観ます
・好きな漫画、好きなアニメは?:最近は「チェンソーマン」

 

★岩本ナオ先生の原作「金の国 水の国」を読んだことは?

りおん:原作は読んだことはなかったのですが、初めてCMで作品名を聞いた時は、「聞いたことあるかな」と思いました。映画は原作にそのまま色を塗ったような感じで、絵のタッチや色使いもやさしくて、かわいい!と思いました。

ゆま:読んだことないです。

 

★映画『金の国 水の国』を観た、率直な感想は?

りおん:絵柄が可愛くて、曲が入るタイミングにも「わあ!」と感動的ですごくよかったです。ファンタジーだけど、現代を生きる私たちも何かに置き換えて考えられそうな内容で、頭にすんなり入ってきました。

ゆま:劇中に登場する食べ物が美味しそうだなと思いました。あと、キャラクターたちの笑顔がめっちゃ可愛いなって思いましたね。

りおん:みんな照れると頬が赤くなるのめっちゃ可愛い!分かりやすくていいですよね。物語もすごいあったかかった~と思いました。

りおん:映像は、ディズニーシーみたい。夜に観るディズニーシーの綺麗さを思い出しました。

ゆま:ほわほわしてるけど、景色とかお城とか、めっちゃ綺麗だなって思いました。

 

★特に印象に残ったシーンは?

りおん:最後、サーラとナランバヤルが2人で力を合わせて、崩れ落ちそうな橋を渡ろうとするシーン。そこにサーラの父の国王ラスタバン三世が追いかけて来て、2人に剣を突き出してピンチになるんですけど、サーラの「いつでも難しい方の道を選んでください」っていう言葉を信じて、ナランバヤルが自分の想いを話して、それが伝わって国王が剣を下ろした時に「うわ~ヤバい!」と興奮しました。足にヒーターがあたったような、じんわりした温さを感じましたね。これまで色々展開されてきた物語が、ここでパズルみたいに繋がった感じ。

ゆま:私は、サラディーンとナランバヤルが、お酒を飲みながら国の未来について話し合うシーン。「覚悟と責任があればなんでもできる」みたいなこと言っていたのがかっこいい!と思いました。

りおん:サーラとナランバヤルが、サーラの姉のレオポルディーネ王女(声:戸田恵子)のお茶会に呼ばれるシーンも印象的でした。ナランバヤルが結婚観について語るシーンで、「最後に残ったビスケットを黙って食べちゃうような人は選んじゃだめ」っていうセリフが出てきて、ナランバヤルは実際に最後の一つを自分からサーラにあげるんですけど、あれ勝手に食べられるの本当に嫌だ!(笑)日本人って、あえて最後の一個を残す感じありません?それも気まずいですよね。学校でも「うち食べるね~」って人もいれば「どうする?じゃんけんする?」って言う人もいるけど、ナランバヤルみたいに「最後の一つ、どうぞ」って言われたら、やっぱ嬉しくなりますよね。

 

★賀来賢人さん演じるナランバヤルは、頭の回転が速く、口も達者なお調子者。家族思いで、猫に「星の輝き(オドンチメグ)」という名前をつけるロマンチストな一面もあるキャラクターですが、いかがでしたか?

りおん:ナランバヤルは賀来賢人さんそのもの!キャラクターが賀来さんにぴったりだなって思いました。「今日から俺は!!」で賀来さんを好きになったんですけど、賀来さんって、面白いけど周りをちゃんと見れている人っていうイメージがあったので、賀さんのそういうキャラクターが表に出ていて、ナランバヤルが成り立っているような感じがして。サラディーンも顔はカッコいいけど、賀来さんの声が入ると、やっぱりナランバヤル推しかなあ。

ゆま:ちゃんと周りの人のことを考えられるし、ちゃんと自分の意見も持っていて、人としても素敵でいい人なんだろうなと思いますよね。

りおん:賀来さんって優しさがもう全面的に出ているから、ナランバヤルも「なんでもやりますよ」みたいな感じのキャラだし、「あ、似てる~!」って思いました。すごくハマり役だと思います!

★浜辺美波さん演じるサーラは、誰からもその存在を忘れられているような<金の国>の第93王女。優しくおっとりした性格ながら芯の強さがあるキャラクターですが、いかがでしたか?

りおん:美波ちゃんの声もぴったりだったんですけど、サーラは優しいけど自分に自信がなくてあきらめモードだったり、性格が美波ちゃんのイメージと全然違うんですよね。だから最初は「ああ、美波ちゃんの声か~」みたいに思ってだったんですけど、美波ちゃんの声って優しくてフワッとしてて、包んでくれるような声をしているので、聴いているうちにどんどん「あ、サーラに合ってる!」って感じられるようになって。特に美波ちゃんだからこその声の優しさって、あるじゃないですか。一言一言に全部命を吹き込んでいるというか、美波ちゃんの優しさが、サーラの一言一言の台詞に全部入っていたなと思いました。キャラクターとして、サーラに共感するところもありましたね。ビジュアル的にも、3人のお姉さまの方が、ちょっとスラっとして整った顔をしていて綺麗だけど、人柄の良さは、やっぱり美波ちゃんの演じているサーラのほうが強く感じられたから。違う意味のキレイっていうか、育ちの良さとか心の優しさがすごく出ていたなと思います。

ゆま:学校でも可愛い女の子とかって、一目置かれたりするので、綺麗なお姉さんたちに囲まれてサーラが引け目を感じちゃうのもちょっとわかるというか。でもサーラはとにかくすごく心が素敵なんですよね。

 

★ナランバヤルとサーラの関係はとても素敵ですが、2人の関係性をどう思いますか?

りおん:私たちも真似した方がいいですよね。2人とも性格が良すぎて、自分の悪さが目立って「うわ~」ってなるみたいな(笑)。特にサーラはすごくおっとりしてて、女子から見ても可愛い女の子って感じだったから、自分とは全然違うので「サーラみたいな性格になって、ナランバヤルみたいないい人と結ばれたいな」って思ってみたりしましたね。

ゆま:大人になって、結婚するならこの2人みたいになりたいなって思います!

りおん:2人の出会い方も、ちょっと普通とは違うじゃないですか。サーラが困っているところをナランバヤルが見つけて、助けてくれたみたいな。もともと、本当は<金の国>が国一番の美女を、<水の国>が国で一番賢い青年を、それぞれの国に贈り合うはずだったのに、仲の悪い国同士だから、こっそり人間の代わりに猫と犬を贈り合っていて…。そのせいで2人は出会うわけだけど、サーラはナランバヤルが猫に“星の輝き”の意味を持つ「オドンチメグ」という名前をつけるところにまず惹かれて、ナランバヤルは「そんな名前をつける人に悪い人はいませんわ」と微笑むサーラの優しさに惹かれるんですよね。偶然出会った2人だけど、結局はお互いの性格の良さ、優しさに惹かれ合ったことで、ここまで続いているんだなというのが素敵だと思います。

 

★ほかに気になったキャラクターはいますか?

りおん:サラディーン、やっぱり好きです!最初はちょっと敵みたいな感じというか、レオポルディーネお姉さま方の愛人だし、味方ではないんだろうなって思ったのに、最終的にナランバヤルと手を組んで国交を開こうとしてて、いい人なんだなって思って。しかもレオポルディーネとは、映画の後半、お互いへの信頼とか、なんかすごく深くていい関係でしたよね。愛人なのに、最後まで寄り添って一緒にいたじゃないですか。彼女も国を守るために必死だったと思うんですけど。レオポルディーネは、いつも被っている王女らしい帽子も最後には取っていて、帽子を被っている時ってすごく怖くて性格が悪そうに見えたんですよ(笑)。彼女も国を守るために必死だった体と思うんですけど。だけど最後には帽子を取ってたから、サラディーンには心までさらけ出したのかなって。そこが気になりましたね。戦争を進めようとした右大臣のピリパッパ(声:茶風林)は…もうめっちゃむかつきましたね(笑)!

ゆま:私は、学者なのに肉体派で強面のジャウハラ(声:木村昴)。あと、謎の多いライララ(声:沢城みゆき)も好きでした。

りおん:ジャウハラかっこいいもんね!最後に出てくる、サーラとナランバヤルの娘たちも、ジャウハラの息子がかっこいいって言ってたし。最初ジャウハラは刑務所に入ってるけど、「何で捕まったの?」って思うぐらい、いい人でしたもんね。喧嘩っ早いけど…(笑)。ライララも面白かったよね。立ち位置が謎すぎて味方ではないような気がしてたけど、最後は自分の命をかけてまで、サーラとナランバヤルに国の未来を託す姿は、すごくかっこよかったです。

ゆま:いいキャラクターだった!

 

★友達に『金の国 水の国』をおススメするとしたら、どう話しますか?

ゆま:ストーリーは、二つの国が対立してるんだけど、サーラとナランバヤルのがんばりで最後にはすごく感動できる話になってるし、めっちゃほんわかしてるからマジで見た方がいい!「うわあ!」ってなる時がたくさんあるから。

りおん:心の感動だよね。「うわあ!」って心押さえる系!友達におススメするなら、「心を温かくしたかったら見た方がいいよ」って言いますね。心が温まったら、もうからだ全体温まりますもんね。

ゆま:あとは、イケメン左大臣のサラディーンの声が声優の神谷浩史さんで、すごくかっこよかったので、「サラディーンがめっちゃかっこよかったよ」って言います(笑)!。

 

★また、映画館で観ることをおススメするとしたらどう話しますか?

りおん:やっぱ家で見るより、映画館で観た方が迫力を感じますよね。音楽の聞こえ方もそうだし、見え方も全然違うから、テレビで観るより心にくるものは大きい気がします。歌が入るタイミングも、歌声も、映画の世界観にすごくマッチしてました!

ゆま:大きいスクリーンで観た方が、映画観た!って言う感じするし、めっちゃ感情移入できると思います。、あと、映像も音楽もすごく綺麗だったから、映画館で観た方が絶対いいだろうなって。

 

★アニメを好きな人にも普段観ない人にも、映画の見どころ、これだけは伝えたい!ということがあればメッセージをお願いします!

りおん:アニメだけどアニメっぽくなくて、自分もキャラクターの気持になって見入っちゃいました。私は高校に入るまでアニメを全然見なくてあんまり好きじゃなかったんすけど、そんな自分でもこの映画は、絵とか、歌とか、背景もものすごく美しくて、、そこまでアニメが好きじゃない人でも観やすいんじゃないかなと思いました。同じマッドハウスが作ったアニメ「ちはやふる」も観たことあるけど、なんとなく絵がやわらかくてフワフワしてません?『金の国 水の国』も、そういうところが観やすくて好きですね。

ゆま:絵がほんわかしてるけど、ちゃんとストーリーがちょっと考えさせられる、深いものになっていてすごいなって。原作が漫画だからこそなのか、ちゃんと細かいところまで設定があるし、映像はやっぱりすごく綺麗でした。

りおん:気持がほんわかするから、お昼でも夜でも、いつ観てもいいなと想います!

 

★住むとしたらどっちの国?

りおん:金の国!水は少ないけど、栄えているし景色が凄く綺麗なので。

ゆま:ん~私は水の国で自然を楽しみたいです。虫は平気じゃないけど、緑が多くてのびの
びしてて、いいなと思います!

 

映画『金の国 水の国』大好評公開中!

【キャスト】
賀来賢人 浜辺美波
戸田恵子 神谷浩史 茶風林 てらそままさき 銀河万丈
木村昴 丸山壮史 沢城みゆき

【スタッフ】
監督:渡邉こと乃 脚本:坪田 文 音楽:Evan Call
テーマ曲(劇中歌):「優しい予感」「Brand New World」「Love Birds」
Vocal:琴音(ビクターエンタテインメント)
アニメーションプロデューサー:服部優太 キャラクターデザイン:高橋瑞香 美術設定:矢内京子 
美術監督:清水友幸 色彩設計:田中花奈実 撮影監督:尾形拓哉 3DCG監督:田中康隆 板井義隆 特殊効果ディレクター:谷口久美子
編集:木村佳史子 音楽プロデューサー:千陽崇之 鈴木優花 音響監督:清水洋史
アニメーションスーパーバイザー:増原光幸
プロデューサー:谷生俊美 アソシエイトプロデューサー:小布施顕介
アニメーション制作:マッドハウス 

【映画公式サイト】kinnokuni-mizunokuni-movie.jp 
【映画公式Twitter】@kinmizu_movie #金の国水の国

©岩本ナオ/小学館 ©2023「金の国 水の国」製作委員会

Related

関連記事

SNS

公式 SNS

Topics

新着記事
ページトップへ