韓国ガールズグループMAMAMOOの「MAMAMOO WORLD TOUR – JAPAN」にマイナビティーンズメンバーが潜入レポート!

韓国ガールズグループMAMAMOOの「MAMAMOO WORLD TOUR<MY CON> – JAPAN」にマイナビティーンズメンバーが潜入レポート!

2014年の韓国デビューから9年目を迎えたガールズグループMAMAMOOの「MAMAMOO WORLD TOUR<MY CON> – JAPAN」が11月26日(土)、27日(日)に幕張メッセ 展示ホールにて開催されました。今回の公演は10月11日にリリースしたミニアルバム「MIC ON」をひっさげた初のワールドツアーの日本公演です。

 

11月26日公演の魅力をたっぷりレポートし、最後にはマイナビティーンズメンバーによるおすすめ演出をご紹介!

 

開演前から高まる期待

コンサート会場に入るとメインステージのスクリーンに青、赤、白、黄色とメンバーカラーのスポットライトが照らされている4本のスタンドマイクが映し出されていました。すでに日本のMOOMOO(ムム:ファンの呼称)はペンライトやうちわを手にして準備万端。場内のライトが暗転していくと、開演を心待ちにしていたファンからは大きな拍手が!

 

約3年ぶりの日本公演開演

オープニング映像が終わり、リフトを使ってMAMAMOOがゆっくりとステージに登場!白いシャツにゴールドの装飾が施されたハイウエストパンツというシンプルな衣装で現れたSolar、Moon Byul、Whee In、Hwa Sa。圧倒的な存在感に会場のボルテージも急上昇の中、1曲目は『MIC ON』収録曲の「1,2,3 Eoi!」からスタートしました。続く2曲目の「Mr.Ambiguous」、Moon Byulのパートでは「私に興味ある?」と日本語で投げかけ、Whee Inが「みなさ~ん!お待たせしました~!」と言うなど、日本のMOOMOOに会えた喜びを余すことなく伝えてくれました!

今回のツアー名「MY CON」に込められた想い

「皆さんと『MAMAMOO』みんなのコンサートだという意味を込めています。マイクのスイッチを入れてマイクをオン→マイクオン→マイコン→〈MY CON〉というタイトルになりました。」とMoon Byulがツアー名に込められた想いを語ってくれました。「私たちはすべての準備を終え、マイクをオンにしました。MOOMOOのみんなでMOOMOO棒(=大根の形をしたペンライト)をあげてみましょうか!」とHwa Saが投げかけると、会場はMOOMOO棒の光で照らされ、その光景にSolarは「いいね~!」と日本語でつぶやきました。

 

多くの曲を届ける秘策

MOOMOOの準備もできた所で「Um Oh Ah Yeh+Freakin Shoes+NEW YORK+Dingga」「Emotion+Funky Boy+You’re the best」をメドレーとして披露!デビュー9年目ということで楽曲も増え、すべてを披露するのは難しいことですが、初のワールドツアーなのでできるだけ多くの曲を届けたいというメンバーの想いからメドレーとして構成することになったみたいです!

ソウル公演でも行ったという“ペンライトウェーブ”を日本でも見たいとWhee Inのリクエストによって行うことに!ペンライトの光が上手から下手に移動していき、その光景に「日本のウェーブすごい!楽しかった。」とSolarも感動してくれました。

パフォーマンス×映像

ライブパフォーマンスの間も楽しませてくれる仕掛けがたくさんあり、Solarがストーリーを担当し、メンバーが声で参加したコミカルなアニメ「ちびっ子妖精」が会場に映し出され、ファンの笑いを誘います。映像が終わると赤いつなぎに衣装チェンジしたメンバーたちが登場しバンド・アレンジを活かした「Taller than You」を披露!続く「mumumumuch」をポップでスウィートに歌う姿に思わずグッときました。

 

ファンが見たことない“ソロステージ”

「みなさんがこれまでに見たことないようなステージを準備しました。」とメンバーが告げ、ソロステージへ!Solarはブルーの衣装で登場しWhee Inの曲「Water Color」、Hwa Saはブラックの衣装で登場しMoon Byulの曲「Eclipse」、Whee Inは黄色の衣装で登場しSolarの曲「HONEY」を、Moon Byulはピンクのトップスにデニムパンツ衣装で登場しHwa Saの曲「TWIT」を披露しました。メンバーそれぞれの個性が合わさり、会場が魅了されていきます。さらに4人全員で「Spit it out、Make me happy、LUNATIC、Maria」を特別アレンジで披露しました。

ファンによるサプライズ

青を基調とした衣装へ着替えた4人は「Paint Me」、「I Love Too」と圧倒的な歌声が堪能できる2曲を歌い上げ、「Star Wind Flower Sun」を続けて披露。この曲の終盤で、メンバーへのサプライズとして「歓声より大きな熱気で歌うよ、これは『MAMAMOO』への私たちの気持ちだよ」と韓国語で書かれたスローガンで会場を埋め尽くすサプライズイベントを行いました。この光景にメンバーも感動した様子で、「歓声が出せるようになったらまたすぐ駆け付けますので、その時はまた一緒に楽しんでくれますよね?」と伝えたMoon Byulにファンは大きな拍手で応えました。

 

終盤は会場のボルテージも最高潮

ライブも終盤に差し掛かり、「Decalcomanle」を披露し、ドラムビートに合わせるように手拍子が会場に響き渡っていました。次の「HIP」でも手拍子は大きくなっていき、疾走感や鋭さが増していき、続く「Egotistic」、「Gogobebe」を披露し会場のボルテージは最高潮になっていました!

メンバーによるご挨拶

Solar「日本で公演を開催したのですが、今日来てくださった皆さん本当にありがとうございます。これからもたくさんの関心を私たちに寄せていただければと思います。」

Whee In「久しぶりに日本のMOOMOOの皆さんと一緒に過ごすことができて気持ちがしっとりするような満足できるような時間になりました。これからもたくさん日本に来たいと思っているので、この時間を思いっきり楽しんで幸せな気分になって満喫してほしいと思います。」

Hwa Sa「私は日本でこんなにたくさんのファンの皆さんが私たちのことを待っていてくださるとは思いませんでした。なので今まで空白の期間が長かったことは申し訳ない気持ちでいっぱいです。これから先もたくさん会いに来て、皆さんに私たちから良い気運、エネルギー、音楽、ステージを送りたいと思います。」

Moon Byul「日本のMOOMOOの皆さん、私たちを忘れずに会いに来てくれてありがとうございます。いつも感じていることですが、日本のMOOMOOの皆さんの気持ちは感じています。その気持ちに応えるためにもいい音楽を持って、また訪れたいと思います。健康で長生きしましょう!」とそれぞれ力強く、感謝の気持ちを伝えました。

「最後まで楽しく走ってみましょうか!」と気合を入れ、「Starry」と「Wind flower」の2曲を力強く歌い上げ本編が終了!

アンコールは更なる盛り上がり

アンコールの拍手に応えた4人はラフな衣装で再登場し、「Travel」を披露。続く「You Don’t know me」「Yes I am」といったポップな楽曲を歌いながら、より多くの日本のMOOMOOとコミュニケーションをとるため、メインステージとセンターステージをメンバーが行き来していました。メンバーがペンライトを持ち披露した「L.I.E.C」ではファンも曲中の振り付けをこなし、会場はさらに盛り上がっていました。最後の曲「Um Oh Ah Yeh」の途中、「MAMAMOOは続くからな!」とSolarが日本語で力強く宣言をし、その姿に涙ぐむファンの方もいました。

こうして圧巻のMAMAMOOの日本公演は大盛況のうちに幕を閉じました。

 

実際にライブを観たマイナビティーンズメンバー

好きなステージ・演出

まみ「各ソロから次の曲へと変わっていくところです!メンバーそれぞれの魅力を感じられ、そこからのグループとしての存在感。観ていてすごく感動しました!」

まお「『L.I.E.C』が好きで、メンバーとファンで踊れて会場が一体感に包まれ、思う存分楽しむことができました!それぞれ違うコンセプトでパフォーマンスするソロパートは圧巻でした!」

 

感想

まみ「今回の公演を観て、私も同じようにいろんな方を笑顔にしたい!そして、自分の表現を届けたいと強く思いました!」

まお「圧倒的な歌唱力、迫力のパフォーマンスにMAMAMOOすごい!と感動しました!」

 

【セットリスト】

1. INTRO + 1,2,3 Eoi!
2. Mr. Ambiguous
3. Um Oh Ah Yeh + Freakin Shoes + NEW YORK + Dingga
4. Emotion + Funky Boy + You’re the best
5. AYA
6. ILLELLA
7. Taller than You
8. mumumumuch
9. ソロパレード
Part1 Water Color (Solar)-Eclipse(Hwa Sa)-HONEY(Whee In)-TWIT(Moon Byul)
Part2 Spit it out – Make me happy – LUNATIC – Maria (ALL)
10. Paint Me
11. I Love Too
12. Star Wind Flower Sun
13. Decalcomanie
14. HIP
15. Egotistic
16. Gogobebe
17. Starry Night
18. Wind flower
アンコール
1.Travel
2.You Don’t know me
3.Yes I am
4.L.I.E.C
5. Um Oh Ah Yeh

 

取材/まみ・まお
編集/マイナビティーンズ編集部
写真提供:RBW JAPAN

Related

関連記事

SNS

公式 SNS

Topics

新着記事
ページトップへ